吉水コンサルティンググループの監査業務(法定監査,任意監査,デューデリジェンス)を、平成監査法人福岡事務所が行っています。

平成監査法人 福岡事務所 【 Heisei Audit Corporation 】

我々は、大手監査法人での監査業務の経験豊富な公認会計士メンバーによって、直接の利害関係のない第三者としての立場から、企業や団体の活動によって作成された財務諸表等の内容が適正であるかどうかをチェックします。もちろん、公益法人やSPC等特殊な会計に対する監査においても対応しております。

また、一般的に監査は、中堅・中小企業にとって無関係かと思われる方が多いかと思いますが、近年法定監査以外のニーズも強まってきております。

それは、株式上場準備会社はもちろん、そうでない会社も任意監査を受けることで、会社作成の決算書の信頼性が高まり、金融機関からの評価が向上するとともに、第3者からの資金調達が可能となるためです。

法定監査について

▼ 開く ▲ 隠す

法定監査とは、法律によって監査を受けることを義務付けられている企業・団体に対する監査業務です。企業や公益法人等が作成する財務諸表や収支計算書等の内容が適正であるかどうかをチェックします。

以下に記載する組織において、それぞれ法的に必要とされる財務諸表等の内容を確認し、監査報告書を作成します。

< 対象会社例 >

・会社法 大会社
・学校法人
・公益法人(規模による)
・特定目的会社

任意監査について

▼ 開く ▲ 隠す

法律によって監査を受けることが義務付けられていないものの、その組織において必要であると判断された企業や団体の財務諸表や収支計算書が適性であるかをチェックします。

任意監査は以下のようなケースが挙げられ、経営判断等の重要な材料として認識されています。

< 任意監査が求められるケース >

・買収時、投資検討時の監査
・経営者自身または第3者機関からの依頼に基づく監査
・SPC任意監査

デューディリジェンスについて

▼ 開く ▲ 隠す

デューディリジェンス(以下「DD」という)とは、一般的にはM&Aまたはベンチャーキャピタルなど投資ビジネスにおいて、買収・投資に関する意思決定を行うに際して、対象会社の実態を把握し、問題点の有無を把握するために行われる調査のことをいい、DDによって経営者は投資意思決定にとって有用な情報を入手することが出来ます。

DDは、様々な切り口に応じて区分されますが、調査対象分野からの分類として主に以下の3つに区分されます。

< 3つのデューディリジェンス >

1. 事業デューディリジェンス(以下「事業DD」という)
2. 財務デューディリジェンス(以下「財務DD」という)
3. 法務デューディリジェンス(以下「法務DD」という)

平成監査法人では、2.財務の分野のDDをお引き受けします。

各DDにおける調査内容、担当者をまとめると、以下のようになります。

1.事業DD [調査内容:事業活動に関する調査 / 担当:経営戦略研究所MSI福岡]

市場の概況、商品の特質、事業組織や、購買、生産、販売活動、研究開発活動等の実態調査。担当者は、買収企業担当者or経営コンサルティング会社となり、当グループでは、経営戦略研究所MSI福岡が行います。

2.財務DD [調査内容:財務・会計・税務面に関する調査 / 担当:平成監査法人福岡]

過去の財政状態、損益状況の推移、現在の財政状態、将来の損益、資金状況の見通し等の実態調査。担当者は、公認会計士となり、当グループでは、平成監査法人福岡事務所が行います。

3.法務DD [調査内容:法律面に関する調査 / 担当:提携弁護士]

定款や登記事項等の法務面での基本事項、対外的な契約関係、係争事件による損害賠償等の調査。担当者は、弁護士となり、当グループと提携関係にある弁護士が行います。